BOOT革命/USB Ver.5

「ノマドワーカー」と呼ばれるワークスタイルに、注目が集まっています。しかし、場所に縛られない反面、持ち歩くサブマシンとメインマシンのPC環境の違いに困っているという声も聞かれます。

そこで提案したいのが、このソフト。USBメモリに PC環境をいれて持ち運びでき、どこでも使い慣れた PC環境を再現できるスグレモノ。USBメモリを挿すことで、いつもの PC環境を再現できる手軽さがポイントです。もちろん1台のPCを2台のように使い分けることができるほか、異なるOS環境の構築など、アイデア次第で活用シーンが広がります。

販売価格:8,850円 (税込) 特別価格:7,965 円(税込、2011/10/27まで)

メーカー:株式会社 アーク情報システム

BOOT 革命/USBは、独自の設定変更を加えながら現在起動中のOSのシステムドライブをUSBストレージにコピーしたり、USBストレージに直接Windowsをインストールして、USBストレージからの起動を可能とした、画期的なソフトウェアです。

主な機能

  • 自分だけのWindows環境をUSBストレージにコピー:システムドライブのコピー
    現在使用中のパソコンのシステムドライブ(Cドライブ)をUSBストレージにコピーしてWindowsを起動できます。OSのみではなく、システムドライブを丸ごとコピー※1するので、インストールされているアプリケーションや設定など、システムドライブに含まれるものはすべてコピーできます。
    コピー元のシステムドライブより小さい容量のUSBストレージへの縮小コピー※2機能も備えています。さらに、Ver.5からは新たに、コピー元のシステムドライブより大きい容量のUSBストレージへの拡大コピーも可能となり、空き領域(未割り当て領域)を残さずにコピーできるようになりました。
  • ソフトウェアやファイルを選んでコピー/起動に必要なファイルだけをコピー:ファイルリスト
    Windows の起動時に読み込まれたファイルを分析し、必要な最低限のファイルをリストアップする「ファイルリスト」機能を搭載しました。
    ファイルリストを使用してコピーすることでコピーするファイルが少なくなり、丸ごとコピーする方式よりも短時間でコピーが可能です。また、容量の小さなUSB フラッシュメモリーにもコピーできるようになります。ファイルリストを使用しないで使いたいソフトウェアやファイルを選んでコピーすることもできます。
  • システムドライブのコピーを行ったUSBストレージを別のパソコンで起動:どこでも起動
    システムドライブのコピーを行ったUSBストレージを別のパソコンに接続しても起動ができる「どこでも起動」を搭載しています。いつも使っているパソコンと同じソフトウェアやスタートメニューを丸ごとコピーして別のパソコンでも使用できるようになります。USBストレージの使い方が広がります。
    比較的容量の小さいUSBフラッシュメモリーでも、「ファイルリスト」選択機能を使って外出先で使用する最小限の必要な設定やアプリケーションをコピーしておけば、USBフラッシュメモリーを外出先のパソコンに接続して、いつも使っているパソコンの機能縮小版のWindowsとして起動し、作業を行うことができます。モバイル性が最大の特長でもあるUSBフラッシュメモリーの利点を最大有効活用できます。
  • USBストレージに直接OSをインストール:エクスターナルインストール
    エクスターナルインストールを使えば、パソコンのWindowsOSとは別のWindowsOSをUSBストレージにインストールできるので、テスト用マシンや、パソコン本体のOSでは対応していないアプリケーションを使用するための専用マシンにしたりすることができます。
  • USBストレージからWindowsを起動する
    製品CDをパソコンにセットした状態で電源を入れて、表示されたメッセージに従って進めれば、USBストレージからWindowsが起動します。
  • USBストレージから起動して、内蔵ハードディスクに復元できる
    Ver.5からはUSBストレージから起動して、内蔵ハードディスクに復元する機能が追加されました。
    USBストレージを接続して起動している本体側のパソコンが起動できなくなったトラブル時には、USBストレージから起動して、必要なデータを取り出したり、USBストレージのシステムドライブを内蔵ハードディスクに復元することができます。
    また、現在使用中のOSに新しいソフトウェアを導入したいが動作が心配・・・といった時には、システムドライブのコピーやエクスターナルインストールを行ったUSBストレージから起動してテストを行い、動作確認ができてから内蔵ハードディスクに復元して、USBストレージの環境をそのまま本体側のパソコンで引き続き使用するといったことも可能になります。

動作環境

  • オペレーティングシステム
    日本語版の以下のOS
    Microsoft Windows 7 (32bit/64bit版)
    Microsoft Windows Vista (32bit版) SP2以降
    Microsoft Windows XP (32bit版) SP3以降
  • コンピューター
    上記のオペレーティングシステムが稼動するコンピューター(PC/AT 互換機のみ)
    ※Macintosh(Mac)には対応しておりません。
  • メモリー
    Windows 7 64bit版:2GB以上
    Windows 7 32bit版 / Vista 32bit版:512MB以上 (1GB以上推奨)
    Windows XP 32bit版:512MB以上
  • ドライブ
    CD-ROMが読み込めるドライブ
  • 内蔵ハードディスク
    インストール用として200MB以上の空き容量が必要。
    ※システムドライブのコピーを行うには、一時ファイル作成のためインストール容量とは別に500MBの空き容量が必要。
  • USBストレージ
    USBハードディスク(USB2.0以上)
    USBフラッシュメモリー(USB2.0以上)
    ※USBフラッシュメモリーは下記の容量が必要です。
      <Windows 7 64bit> 32GB以上(ファイル選択コピー時 : 6GB以上 )
      <Windows 7 32bit / Vista 32bit> 16GB以上(ファイル選択コピー時 : 7 32bit 3GB、Vista 32bit 6GB以上 )
      <Windows XP 32bit> 4GB以上(ファイル選択コピー時 : 3GB以上 )
  • 対応ファイルシステム
    FA32、NTFS(FAT16は対応していません)
サブコンテンツ

このページの先頭へ